事実はケイザイ小説よりも奇なり

経済を、ビジネスを、小説を通じて学んでみる

【ヂメン】(ヂメンシノ事件93)

久しぶりに平野は自宅にいた。今日はゴルフもなく、単なる休みだ。先週、桜のピークを迎え、今は葉桜となっている。 平野はくつろぎながら今のソファで妻と話をしていた。テーブルには妻が最近はまっている中国茶があった。 「僕は地面という言葉が嫌いだよ…

【井澤④】(ヂメンシノ事件92)

井澤に平野という親戚はいない。親戚で『恵』と名前のつく女性もいなかった。ただ、どこかで見た名前だ。『平野・・・・?恵・・・・?』誰だろう。包みを開けながら思い出そうとする。最近、年を取ったせいか人の名前が思い出せなくなっている。 包みを開け…

【井澤③】(ヂメンシノ事件91)

翌日の土曜日は少し曇り空だった。昨日はかなりの量のお酒を飲んでいたはずだったが、井澤は朝6時に目が覚めた。いつもならば五時台には目覚めているため、いつもよりは遅い。それでも二十代、三十代の時のようにいつまでも寝ることはできなかった。朝は自…

【井澤②】(ヂメンシノ事件90)

おかみさんがナムルや前菜を運んできた。皿を並べながら、西川のお箸を左側に置き換えた。おかみさんも西川が左利きだと覚えていてくれたのだろう。 生ビールで乾杯した後に、西川が口を開いた。 「酔う前に言っておく。会社辞めるなよ。」目を合わさず、た…

【井澤①】(ヂメンシノ事件89)

金曜日の夜、井澤は会社の同期と赤坂見附の韓国料理屋で待ち合わせした。 満水ハウスは新入社員を数多く採用するが井澤の年齢まで残っている同期は少ない。ほとんどの同期は支店の営業に配属されるが、ノルマが厳しく三年以内にかなりの割合が辞めていた。 …

【3月スピーチ③】(ヂメンシノ事件88)

「どうか、どうか、満水ハウスに今一度力を貸して下さい。社員一人ひとりが力を発揮できればライバルとの競争にも生き残れます。少子高齢化も乗り切るのです。我々は住宅メーカーです。お客様の財産を、人生を守り、育んでいく家を作っているのです。ご承知…

【3月スピーチ②】(ヂメンシノ事件87)

今回の経営体制は、平野のワンマンではなく、集団指導体制とでも呼ぶべきものになった。誰かが突出して権限を持てば、その個人の『良心』に依拠した経営となってしまう。トップの暴走を止められるような経営体制を平野は目指したかった。そのため、取締役の…