事実はケイザイ小説よりも奇なり

経済を、ビジネスを、小説を通じて学んでみる

【10月19日自宅③】(ヂメンシノ事件36)

部屋着に着替えてダイニングに向かうと、良い匂いがしてくるのが分かる。ドアを開けるとダイニングテーブルの上に様々な皿が並んでいた。 「いや、これはごちそうだね。接待かと思ったよ。」 「そうでしょう。力作よ。知り合いから頂いたお惣菜もあるけどね…

【10月19日自宅②】(ヂメンシノ事件35)

考えている間に自宅に到着した。 平野はインターフォンを鳴らすことはない。自宅に妻がいても自ら鍵を開ける。 これは自分の性格なのだろう。平野は、自分が何かをやっている時に人から邪魔されるのが嫌いだ。勝手だとは思うが、宅配便が休日に家に来るのも…

【10月19日自宅①】(ヂメンシノ事件34)

平野は妻との二人暮らしだ。子供達はすでに独立している。 平野は宮城県の生まれで、大学も仙台だった。サラリーマン生活の大部分は東北で暮らしている。 大阪には縁もゆかりもないが、満水ハウスが大阪本社の会社であるため、現在は大阪で暮らしている。 大…

【10月某日③】(ヂメンシノ事件33)

草薙が下を向いたまま声を上げる。「と言いますと。」 「当社の利益は海外に投資されています。国内の従業員達が稼いだ汗と涙が、奥平会長の一存で海外に投下されています。この数年で凄まじい勢いで海外の投資残高が積み上がりました。この投資先の選定は、…

【10月某日②】(ヂメンシノ事件32)

ビールはサントリーと決めている。関西はサントリーだ。ずっと赤字を続けながらビール事業を育てたサントリー創業者のエピソードは関西の財界における伝説の一つだ。 女将が瓶ビールを運んできた。慣れた手つきで平野、そして草薙に注いでくれた。 「改めま…

【10月某日①】(ヂメンシノ事件31)

この日、平野は大事なプライベートのアポイントを入れていた。 元々予定されていたお客様との懇親会が先方都合でキャンセルとなり連絡を入れたところ、相手も丁度空いていた。 場所は、神戸の老舗料亭だ。 この場所であれば、まず満水ハウスの関係者には会わ…

【10月19日取締役会③】(ヂメンシノ事件30)

責任は全て平野だけにあるような話し方だった。他の取締役達は口を閉ざしている。痛いほどの沈黙が訪れる。 平野は死刑宣告をされたに等しい。もう平野には会社に居場所はないのだ。中興の祖と言われる奥平の権力は凄まじい。オーナー社長のように全権力を握…