事実はケイザイ小説よりも奇なり

経済を、ビジネスを、小説を通じて学んでみる

帝国銀行、人事部29

田嶋は支店に入ると、まず副支店長宛に挨拶に行く。副支店長の中村は、入行店の錦糸町支店で一緒だった。その頃、中村はまだ4年目、田嶋は新入行員だった。 山内には、店内で変な勘繰りをされないように、近くの店舗に訪問した帰りに中野坂上支店にも立ち寄…

帝国銀行、人事部28

山内は、おとなしく優しい感じの同期だった。入行時から個人業務を支店で担当している。現在は支店で主任をしていたはずだ。山内のキャラクターを考えると本人がパワハラを受けることは想像しにくい。そうすると同僚の誰かが被害を受けているということなの…

帝国銀行、人事部27

夜遅くだった。 田嶋のスマホに同期の山内早苗からメールが入った。山内からメールが来るなんてことは、この10年はなかったはずだ。かなり前に同期会であったきりだ。そもそも、同じ銀行だから何か用事があれば、会社のメールで送れば良い。それを田嶋の個人…

帝国銀行、人事部26

「分かっていると思うが、三六協定の見直しは無理だ。現実的じゃない」田嶋は少々暗く、小さな声でつぶやいた。 「分かっているさ。この時代に若手行員を残業させまくると、それだけでブラック企業扱いだ。でも、若手の間は、一つひとつの仕事に時間がかかる…

帝国銀行、人事部25

「おう。変わりないか」島田がおしぼりをテーブルに置きながら言った。 「こちらは、相変わらずだ。人事に前向きな仕事は無いよ」田嶋は店員からおしぼりを受け取りながら言う。日本の居酒屋はおしぼりを出してくれる。これがどれだけ素晴らしいことか、日本…

帝国銀行、人事部24

銀行は同期の繋がりが深い。田嶋の同期は合併前の旧行ベースで100名程度だ。田嶋が入行して数年後に大手行同士の大合併があったが、いわゆる相手先の銀行の同期はあまり知らない。田嶋は就職氷河期真っ只中の年次であるため、同期は非常に少なかった。 入行…

帝国銀行、人事部23

「このように背広=スーツについては、会社が支給した場合に経費として非課税とはなりません。そのため、会社にスーツを従業員に支給するインセンティブはほとんど無いということになります。そして、私服として使え、給与所得控除もあるのだから、従業員個…